ブログのしゅーくりーむ

技術的なメモとかライフログとか。

Wireshark 1.12.0 でHTTP/2サポートが入ったらしい

前々から Wireshark で HTTP/2 対応されるという話がありましたが、 1.12.0 で正式にサポートされたようです。

2.5. New Protocol Support
...
Speed LAN Instrument Protocol (HiSLIP), HTTP2, IDRP, IEEE 1722a, ILP, iWARP Direct Data Placement and Remote 
...

Wireshark 1.12.0 Release Notes - 2.5. New Protocol Support

というわけで手元の Mac 機で早速試してみました。 まずはここから最新版を取得します。(本記事執筆時は 1.12.1) うまくインストールできたら Edit -> Preferences -> Protocols -> HTTP2 から、 Enable HTTP2 heuristic にチェックを付けましょう。

f:id:syu_cream:20140927034012p:plain

後は適当に平文のHTTP/2リクエスト流してみて、HTTP/2フレームが覗き見れることを確認してみます。 下記のスクリーンショットは nghttp2から http://nghttp2.org/ にリクエスト投げてみた際のフレームの内容を覗き見たもの。 HEADERS フレームのペイロードもちゃんとデコードして内容確認できていることがわかります。

f:id:syu_cream:20140927034417p:plain

ちなみに、どうやら Wireshark 1.12.1 現在では、draft-14 に対応していない模様。。。