読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログのしゅーくりーむ

技術的なメモとかライフログとか。

RFC 7230 における HTTP/1.1 の同時接続数について

今日よく使われるWebブラウザは、ドメイン毎に複数コネクションを張ってWebページの表示までにかかる時間を短縮しています。 この同時接続数については、 High Performance Browser Networking では 6 個だと書かれています。(この値はブラウザの実装依存なところがあり、IE11では 13 個同時にコネクションを張りうるらしいです。また、この値は Firefox であれば about:config から変更が可能なようです。)

そもそも仕様ではどうなっているのかというと、 RFC 2616 では 8.1.4 Practical Considerations にて下記のような記述があります。

Clients that use persistent connections SHOULD limit the number of simultaneous connections that they maintain to a given server. A single-user client SHOULD NOT maintain more than 2 connections with any server or proxy. A proxy SHOULD use up to 2*N connections to another server or proxy, where N is the number of simultaneously active users. These guidelines are intended to improve HTTP response times and avoid congestion.

ユーザの同時接続数は2つまでにすべきとの記述があります。 ・・・とは言ってもこの制約は Persistent Connections が多用される前提の話でしょうし、 SHOULD と書かれているし、実際は多くのブラウザ実装はこれを無視してより適した値を用いている、という感じでしょうか。

ところで、2014年6月に RFC 2616 が更新&分解されたのは記憶に新しいかと思います。 その更新後の Message Syntax and Routing に関する仕様を記述している RFC 7230 の Appendix の Changes from RFC 2616 には下記のような記述が含まれます。

The limit of two connections per server has been removed. An idempotent sequence of requests is no longer required to be retried. The requirement to retry requests under certain circumstances when the server prematurely closes the connection has been removed. Also, some extraneous requirements about when servers are allowed to close connections prematurely have been removed. (Section 6.3)

どうやら更新後の HTTP/1.1 の仕様では、同時接続数の制限は除去されているようです。 めでたしめでたし?